NZ生活をぜんちゃんの生の声で、Podcastにて配信中です!

日本のワイン市場、市場規模は?日本市場におけるワインの輸入先ランキング

まとめてみた!

前回、世界のワイン市場についてまとめました。

世界のワイン市場、市場規模は?生産量・消費量ランキング、日本は何位?
クライストチャーチにあるワイナリーに行ってきたことをきっかけに世界のワイン市場の情報を整理したいと思います。 世界のワイン市場規模 OIV(International Organisation of Vine and Wine)...

今回は、日本市場についてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

日本のワイン消費量

日本のワイン消費量推移

前回の記事でも触れましたが、日本はワイン消費大国とは言えません

しかし、1989年から2017年までの訳30年間で、その消費量は年間113,000KLから364,000KLへと約3倍に伸びてきました。

西洋の食文化が完全に一般化した事に加えて、若者や女性を中心にビール離れが加速していることが起因しているようです。

一人当たり消費量推移

以下は、メルシャンのレポートを元にした、2015年時点の各国の一人当たりワイン消費量です。

日本は、一人当たり年間消費量が2~3ℓであるのに対し、ポルトガルとフランス50ℓを超えています。

欧米各国に比べるとワインの消費は日常化されていないと言える状況です。

日本には第一の選択肢として、ビール・日本酒・焼酎という、日本食に合うお酒の選択肢がありますから、当然のことだと思います。

日本市場におけるワインの輸入

日本市場におけるワインの輸入先割合

日本に輸入されてきているワインは、どこの国で生産されたものでしょうか?

フランス・イタリアに加えて、チリ・アメリカ・スペインがシェアのほとんどを占めています。

中でも、ワインの本場フランスからの輸入量は過半数を占めています。

実は、ワインの世界生産量で見るとイタリアの方が多いのですが、これは日本の商社や飲料メーカーなどが築き上げた慣行なのでしょうか。

世界のワイン市場、市場規模は?生産量・消費量ランキング、日本は何位?
クライストチャーチにあるワイナリーに行ってきたことをきっかけに世界のワイン市場の情報を整理したいと思います。 世界のワイン市場規模 OIV(International Organisation of Vine and Wine)...

 

(国別)日本市場におけるワインの輸入額推移

また、過去6年間の国別輸入額推移を見てみると、チリ・フランス産のワイン輸入額がそれぞれ24.2%・14.1%増加しているのに対し、スペイン産のワインの輸入量は19%減少してきています。

たしかに、手ごろな価格で種類も豊富なチリ産のワインはスーパーやデパートでたくさん陳列されているのを思い出します。

(国別)日本市場におけるワイン輸入額推移  (Million USD)
# 国名 2013 2014 2015 2016 2017 2018 増減率
1 フランス 811 843 759 788 853 925 14.1%
2 チリ 149 170 189 185 196 185 24.2%
3 イタリア 213 221 187 182 192 194 -8.9%
4 アメリカ 118 116 112 117 122 129 9.3%
5 スペイン 116 117 97 97 94 94 -19.0%
6 オーストラリア 45 42 41 41 42 47 4.4%
7 その他 87 91 77 75 76 77 -11.5%

日本のワイン生産量

日本のワイン生産量の経年推移

日本のワイン生産量は、近年増加傾向にあります。

日本のワイン種類別生産量と生産地

日本のワイン生産においては、赤ワイン・白ワイン40%強ずつ生産されています。

生産地のシェアは、ぶどうの名産地山梨・長野2強で、北海道、山形がその後に続いています。

 

コメント