NZ生活をぜんちゃんの生の声で、Podcastにて配信中です!

【新型コロナウイルス情報】ニュージーランド、外出禁止令の警戒レベル4とは?地元スーパーの状況レポート

こんにちは。

本日3月23日(月)、ニュージーランド政府から以下の発表がありました。

  • 新型コロナウイルスの感染者が102人に到達
  • 3月25日(水)から、警戒レベルをレベル3からレベル4に引き上げる
  • これに伴い、不要不急の外出を控える外出制限を実施

一度、この政府の号令に伴う対応を日本語でまとめていこうと思います。

また、本日時点での生活状況も共有させていただきます。

スポンサーリンク

政府の対応

NZ政府は、警戒レベルをレベル4に引き上げました。

警戒レベル4の主な内容は、以下の通りです。

  • 居住者の自宅待機
  • 学校の閉鎖
  • クラスター候補の施設の閉鎖(図書館、美術館、映画館、ジムなど)
  • 不要不急の屋内・屋外イベントの取消
  • 医療サービスの優先付け
  • 移動、旅行の制限

病院、公共交通、スーパーマーケット等は通常通りの営業を行う予定です。

しかし、公共交通は、病院やスーパーなどで働く人やそこに向かう人のみ利用するよう促しています。

学校の対応

学校は、コロナ対策として迅速・柔軟に対応しています。

私が通っている国立大学では、先週末に全ての授業はオンラインで実施するという方針が通知されていました。

元々、各授業の資料、録画や録音コンテンツが学生ポータルサイトに上がっているような環境だったので、特に抵抗もなく移行し、本日23日も家でオンライン授業を受けていました。

しかし、今日政府から「警戒レベル4」という号令に伴い、再び学校から以下のメールが届きました。

「4月から予定していた3週間のホリデイを明日24日からに変更」

政府号令に対して、わずか数時間で対応できるニュージーランドの学校はさすがです。

ということで、学校はお休みとなりました。

しかし、学校再開の時期は明記されておらず、ひとまず急遽授業がしばらくなくなりました。

スーパーマーケットの状況

外出制限が出たのち、私はスーパーに行ってまいりました。

なぜかと言うと、クラスメイトから「さっきスーパーに行ったけど、トイレットペーパー、小麦、パスタとかは完全に売り切れていたよ」と連絡が来たからです。

僕は備蓄品が十分家にあったので、行く必要はないかなと思っていたのですが、ルームメイトにこれを伝えたところ、「僕らも買いに行こう!」と言うので、連れて行ってあげました。

到着すると、いつもなら普通に入れるスーパーに入場制限がかかっており、列が出来ていました。

(僕が住んでいるところは田舎なのでそんなに人はいないはずなんですが、、)

入ってすぐの棚を見ると、結構スカスカになっています。

今日発令されたばかりなのに、、

まずポテチは空っぽに近いです。

クッキーも同様、、

パスタも、、、、

しかし、もう少し歩みを進めると、「あれれ」となる光景が。

乳製品、小麦、お肉、トイレットペーパー等の生活必需品はたっぷり残っていました。

みんな必要だと思うもの第一にポテチって考えているのかな?笑

というのは冗談ですが、正直スーパーは非常に落ち着ていました。

帰り際に新しい在庫を補填するための巨大なトラックも横付けされていたし、物が買えないというのは限られた品でかつ一時的なものだと思います。

なんてったって野菜、蓄農産品の食料自給率300%のニュージーランドです。

きっと日本のような混乱には陥らないことでしょう。

コメント