NZ生活をぜんちゃんの生の声で、Podcastにて配信中です!

【就活】 結果的に内定無双となった 就活を振り返ってみる -面接編

就活
スポンサーリンク

面接

いよいよ就活最終フェーズの面接です。

面接は少なくとも基本的に3回はあると思います。

各段階での面接は、僕の就活を振り返ると、総じて以下のような特徴があったと思いますので、ご説明します。

ポイント①:一次面接は、ロジカルチェック

一次面接は多くの学生が呼ばれ、比較的短時間で終わることが多かったです。

企業が何を見ているかですが、第一に「ロジカルに話せるか」です。

ロジカルと言うと賢いか見られている?と思うかもしれませんが、普通に会話のキャッチボールができればいいです。

聞かれた質問に答える。誰が聞いても理解できるエピソードが話せる。

これでOKです。時間をかけ、ESはとてもよく書けているけど、面接で上手に語れない人は意外と多いので、ここで振り落とされてしまいます。

経験云々は二の次だと思っていました。

ロジカルチェックなので、面接官も平社員とか主任以下が多いと思います。そういう位置づけということです。

ポイント②:二次面接は、経験を踏まえた価値観チェック

ロジカルに話せる人が集まるので、競争は少し激しくなります。

いかに面接官に共感してもらい、心を動かすかです。

ロジカルマシーンでロジカル一辺倒の人はここでふるい落とされます。価値観を踏まえた人間性を見られるのが特徴。

個人的には、失敗・挫折経験が最も学生の価値観・人間性を知ってもらえるエピソードだと思っています。

私は「同情をいただきたいとかそんなつもりは全くないのですが、自分を知ってもらうために最適なエピソードだと思うので」と前置きした上で、全て話していました。

基本的に課長レベルが出てくると思います。

ポイント③:三次面接は、企業文化との相性チェック

二次面接まででロジカルに話せて、価値観も良し、と認識されているので、最後は企業哲学・風土と合うのかを見られます

企業には大切にしている企業哲学、企業風土があるんですね。

なので、それを良く知っている部長以上が出てきて、学生の持つ雰囲気や特徴をチェックします。

無理に相手企業の風土に自分を合わせる必要はないと思いますが、「なぜ他社じゃなくてうちなのか?」というような質問に対し、企業哲学・風土の違いに触れざるを得ない場合があります(志望企業と他社の事業内容がほぼイコールの場合など)。

そんな時には、自分と御社の相性がマッチしていると言うアピールチャンスなので、共通点を探して答えるということをしてました。

結果的に、そもそも自分の特徴と合うと思っていた企業に多く内定をもらったのは最終面接の位置づけが相性チェックだからだと思います。

グループディスカッションはどうしたの?

面接のどこかの段階で、グループディスカッションを課す企業もあります。

僕も経験しています。

特に日系企業は、各部署と連携してすり合わせをすることが多いですから、他人とどう連携するかを見る必要があるんですね。僕がとった行動は、

リーダーにならなかった。

意図的にリーダーにならないようにしていたワケではありません。

当日同じチームになったメンバーと少し話をして、「私がやりたい!」という人がいれば譲っていた結果です。

このメンバーであれば自分がやったほうが良いと感じた場合はやろうと思っていたのですが、僕の場合、基本的に二次面接・三次面接でグループディスカッションが実施されたので、ある程度喋れる人が集まっていました。

なので、リーダーを誰がやってもある程度回る状況だったんですね。

じゃあ、どんなことをしていたの?

僕は会話がうまく弾むように影の立役者的な位置づけに回ってました

例えば、チームが全体的に緊張している場合、緊張の理由は面接官に見られているという状況もありますが、どちらかと言うと、ここにいるチームメンバーは互いに競争相手だという意識があるからだと思います。

「この人たちよりできるように見せないと!」という焦りから緊張するんです。

これはチームとしてはよくないですね。我が我が!というアピール合戦になり、議論にならないので、こういう状況の時はできる限り、初期から個人的に会話をするようにしてました。

仲間であるという関係性を作るのに徹したんですね。

だれがこの良い雰囲気を作り出したのかというのは、外から見ている面接官は分かります。

面接官は何を見ているの?

当然のように、ディスカッション過程と結果は見られます。

面接官が見るポイントは「誰がリーダーをやるのか」ではなく、「話す内容が論理的で自分の意見を持っているか」「チームで一つの結論に至るという最終目標に向けて、自身の役割を全うしているか」の二点だと思っています。

要は、当たり前ですが「自分のため」、「チームのため」に貢献しているかが重要です。

注意:リーダーじゃなくても発言は多くて良い。

リーダーじゃないからと言って、発言を控えがちにする人がいますが、それは間違いです。

自身の主張をすることが、「チームのため」になるからです。

また、リーダーが立候補制で決まったけど、緊張してうまく回せない人だった場合、リーダーを傷つけずに、上手にフォローしてあげましょう。

全体を俯瞰して、チームメンバーを本気で助けてあげられるのもまた「チームのため」です。

面接で緊張しないためには?

面接官をじゃがいもだと思う。

僕はそう思っていました。

「あー今日もメークインだなぁ」とか意味不明なことを呟きながら暗示をかけたり、「面接官の顔がいかにじゃがいもに近いかを測定するんだ!」とか思っていました。本当に。笑

面接の数をこなす。

数をこなす程に絶対に慣れます。

あの緊張感にも慣れるし、面接で必ず喋る自己紹介、長所短所、学生時代頑張った事などがテンプレート化してきて、考えなくても口が勝手に動いている状態になっていました。

まとめ

就活の最終フェーズの面接は、長期に渡って頑張ってきた努力の集大成です。

失敗するのが怖いと感じて聞こえの良いありきたりな事ばかりを語っても面接官は学生の価値観を読み取ってくれません。

人間性が分かるように、恥ずかしくても晒すべき自分の失敗や挫折は大いに語りましょう。

具体的な失敗・挫折経験は面接官にとっても想像しやすく、それを知ることで学生が持つ価値観や人間性を知るのです。

また、就活がうまくいかなくても、人生終わりではありません。

どれだけ有名な企業に入っても、どれだけ年収の高い企業に入ってもすぐに退職する人は山ほどいます。

こんな話を頭の片隅に入れてリラックスして面接に臨んでくださいね。

コメント