NZ生活をぜんちゃんの生の声で、Podcastにて配信中です!

プロのサッカー選手にサッカーを教えるYoutuber

コラム

こんにちは、先日久しぶりに公園でサッカーをして、あまりの体力のなさと信じられない息切れをしたぜんちゃんです。

今日は、NZとは全く関係ありませんが、僕が数年前からずっと「すごいなあ」と見続けているYoutuberさんを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ドリブルデザイナー岡部

ドリブルデザイナー岡部さんは、Youtube上にサッカー関連の動画を上げて活動しているお方。

元々学生時代にサッカーをやっていて、フットサルの選手になった経歴の持ち主です。

自身が得意なドリブルを活かして、華麗なドリブルで相手を抜いていく映像が見ている人を驚かせます。

ドリブル理論

彼がすごいのは、単にドリブルが上手いということではなく、ドリブルを理論的に捉えているということです。

そのドリブル理論は、プロのサッカー選手も指導するほどで、日本代表の乾貴士選手や、原口元気選手にも指導をしています。

彼は、サッカーをやっている人が感覚的に身に付けていくこと理論的に整理しています。

例えば、相手の重心を動かして、追従を許さないためのステップの踏み方など、その理論はとても分かり易く、実践的です。

得意な事があれば発信できる時代になったということ

彼がここまで評価されることになった理由は、彼が人より得意なことを世界に発信したからではないかと思います。

岡部さんは、もともとプロのサッカー選手になりたかったそうですが、小柄な体形からその夢を諦めフットサルに転向したそうです。

その後、ドリブルなら人よりも得意であるという思いから、コーチなどを経て、Youtubeにその理論の投稿を開始ました。

いまや世界中の人がスマホを持ち、そのスマホで見ているであろうYoutubeという発信の場。

そこに、特定の言語に依存しないサッカーというスポーツに関連した動画を世界に発信した結果、本人も想像していなかった反響を得ました。

ネイマールやロナウジーニョと一緒にフットサルをしたり、台湾のサッカーチームから指導の依頼を受けたりと、日本以外からも評価されています。

発信すれば、評価してくれる人がいる

岡部さんの活動が証明してくれたことは、得意なことを外に発信すれば評価してもらえる時代が来たということだと思います。

現在では、初期投資も少なく、世界中に情報を発信できるという時代になりましたからね。

5Gの時代には、発信の手段が更に増え、加速していくのでしょう。

あ、そういえば本田圭佑選手も岡部さんを誉めていました。「すごいじゃないですか!僕いつもメンタルのことしか指導できないんでw」

アレコレ発信局も頑張ります

このブログも、きっと評価してくれる人がいると信じて始めたわけなので、Youtubeとブログで媒体は異なりますが、とても刺激を受けています。

さぼり気味のブログ更新、時間を見つけて頑張ります!

コメント