NZ生活をぜんちゃんの生の声で、Podcastにて配信中です!

海外留学、ワーホリに行く人必見、作っておくべき日本の銀行口座

スポンサーリンク

海外で日本の銀行は使えるの?

こんにちは。

留学に行く人なら、誰もが気になるであろうこの疑問、「海外で日本の銀行口座は使えるのか」。

留学、ワーホリ、理由は何であれ、海外に長期で滞在しようと思えば、日本からお金を送りますよね。

でも、留学前に現地の銀行口座を作れるわけではありません。

海外に渡航→現地の銀行口座開設→日本の銀行に指示して(Transferwiseが一番手数料安価です。)送金という流れになるはずです。

【比較まとめ】銀行の海外送金手数料!メガバン、ゆうちょ、ネット銀行、Transferwiseを比較したよ
海外にお金を送金するにあたり、どの銀行から送るのが一番安いのか、調べるのって面倒ですよね。 そこで、メガバン、ネット銀行、ゆうちょ、Transferwiseの手数料比較をしました。 なお、僕はNZに送金するため、以下日本円→NZ...

親族に送金を頼めば話は別ですが、基本一人で完結しようと思えば日本の銀行のオンライン口座で送金手続きをするんですね。

 

誰もが知っていると思いますが、現金で数百万円などの大金を飛行機に持ち込むことはそもそも禁止されていますし、危ないことは言うまでもありません。

でも、海外から日本の口座を操作することはできるのでしょうか。

日本の電話番号がなければ三菱UFJは使えない

僕は日本で、三菱UFJ、楽天銀行の二つの銀行をメインに使っていました。

ニュージーランドにきてから、三菱の口座にあるお金を楽天銀行にオンライン振込しようとしたのですが、問題が発生しました。

海外からのログインシャットアウト

まず、三菱UFJのオンライン口座にログインしたのですが、しばらくすると勝手にログアウトされました。

そして再度ログインしようとすると、セキュリティによってログインができない的な表示が出て、完全にログインを拒否されました。

「カスタマーサポートに電話してください」と記載があったので、電話をして、事情を話し、怪しいログインではないこと証明してようやく解除されました。

そもそもカスタマーセンターが混雑していて、オペレーターに繋がるまで20分ほど待ちました。

さらに、電話越しの担当者から「担当部署の番号をお伝えします」と言われ、別の番号にかけなければいけないとのこと。

結局、ログインできるようになるまで、1時間くらいかかったと思います。

ワンタイムパスワードが受け取れない

何とか海外からのログインができるようになり、ようやく振込ができるぞー!と思ったのもつかの間。

オンライン振込では、「ワンタイムパスワード」というものが必要になります。

これが厄介でした。

ワンタイムパスワードは、銀行に登録している日本の電話番号にSMSで送られてくるのです。

でも、僕は既に日本の電話は解約済みで、受け取る術はありませんでした。

どうにか対応できないのか、再度カスタマーセンターに電話。。。。

しかし、「直接支店にお越しいただくしかない」と不可能な術しかなく、渋々諦めるしかないという結果になりました。

最終的に僕は三菱のキャッシュカードをNZから日本の親族に郵送し、それを使って振り込んでもらいました。

 

長期海外滞在者におススメの銀行口座は楽天銀行

僕がおススメしたいのは楽天銀行です。

楽天の回し者ではありませんが、便利だと思っています。

以下の理由が挙げられます。

  1. 海外からログインを弾かれたことがない。
  2. ワンタイムパスワードがメールアドレスに送られてくる。

社長の三木谷さんが海外を飛び回っているからということも関係しているかもしれませんが、海外でも日本国内と同様にストレスなくログインできています。

また、ワンタイムパスワードも登録しているgmailアドレスに送られてくるので、日本の電話番号がなくても受信することができるのです。

こういう部分、オンライン専業銀行は強いですね。

海外に行く前に利用可能な銀行口座を作っておこう

海外に行ってから、「日本の銀行口座を動かせない。。。」という状況に陥ると、日本国内・現地共に様々な支払いに問題が出る可能性があります。

お気をつけください。

コメント