NZ生活をぜんちゃんの生の声で、Podcastにて配信中です!

【NZ】ロックダウンから2週間経って生活はどう?

スポンサーリンク

ロックダウンから約2週間経過したニュージーランドでの生活はどう?

ニュージーランドは、ロックダウンから2週間が経過しました。

まだコロナ感染者の現象には至っておらず、引き続き油断はできない状況です。

日本と異なり、外出規制がされているニュージーランドでは、一般人は買い物や運動を除いて、基本的に外出ができません。

大学もロックダウン宣言を受けて1ヵ月の休みに入ったため、オンライン授業もありません。

なので、僕は基本的にずっと家に引きこもっています。

でも正直家でひきこもるって想像以上にきついです。

フラットに住んでいる7人が全員家にいる

普段であれば、僕は9時前に家を出て、夜の9時くらいまで家に帰ってきません。

当然、みんなと食事の時間も睡眠の時間も異なります。

何なら、家でフラットメイトと顔を合わせることも少ないくらいです。

ただ、今は違います。

全員が家にいるのです。

自分のルールを他人に押し付けるつもりはないのですが、やはり生活習慣の違う人がいると「ん?なんでこんなことするんだろう?」と思うことも多少はあるのです。

例えば、食器洗いをしたあとにシンクにたまった食材を捨てない。

深夜に歌を歌いながら風呂に入っている。

など。

いつもだったら僕は全然気になりません。

むしろ、「食器を洗わない輩がフラットメイトにいる」とか「リビングでドラッグをやっている奴がいる」とか信じられない話も聞くので、それに比べれば「同居人に恵まれているなあ」と思っていたくらいです。

でも、この引きこもり生活2週間で、神経が疲弊しているのでしょう。神経質になってしまいますね。

中国ではコロナの山を越えたあたりから離婚が増えたという話を聞きましたが、こもりっぱなしは人間関係に良くないのは身に染みて実感するところであります。

気分転換の散歩

基本的に外に出たらダメなんですが、運動は許されています。

そこで、天気の良い日には外でランニング&ウォーキングするようにしています。

僕が住んでいるところが田舎ということもあり、人はほとんどいません。

すれ違う人がいたとしても、暗黙の了解で互いに2mほどの距離を取っています。

1時間外の空気を吸うだけで、脳がリフレッシュされてスッキリします。

 

コメント