扁桃炎とは?

扁桃炎は、咽頭(のど)の左右にある口蓋扁桃が炎症を起こしている状態を指します。他に、扁桃線炎(へんとうせんえん)・扁桃膿炎(へんとうのうえん)と呼ばれることもあります。

「扁桃腺が腫れている」というのは正式には扁桃炎なのです。

口腔の正面図

扁桃炎の症状は?

扁桃炎の症状は、主に咽頭痛、発熱が挙げられます。

重症のケースになると、喉が痛くて食事が出来ない水も飲めないという症状に至る場合があります。通常の風邪に比べて強い痛みを伴い、口蓋扁桃がある喉の左右に痛みを感じます

何か物を食べたり飲み物を飲むたびに、針で喉を刺されるような痛みと表現されます。

扁桃炎が起こる原因は?

口蓋扁桃は、口や鼻から入ってきた細菌を防ぐ役割を持つリンパ組織です。そこに細菌が侵入すると口蓋扁桃が反応して炎症することになります。

通常であれば人間の体は、細菌から体を守るためにあらゆる免疫細胞が体を守ってくれていますが、幼少期で免疫が少ない時期や、大人になってからも疲労やストレスで免疫が落ちている時には口蓋扁桃に細菌が侵入してしまうことがあり、発症してしまいます。

また、乾燥する時期は喉の粘膜が薄くなり、細菌が対内に侵入しやすくなるため、通常の風邪と同様は冬に発症が多くなります。

発症する人の年齢は?

通常、口蓋扁桃は6-7歳の時に最大となり、大人になるにつれて小さくなっていきます

しかし、上述の通り、大人になってからも細菌の侵入によって口蓋扁桃が炎症してしまうことがあるので、必ずしも子供にだけ発症するものではありません。

急性扁桃炎・慢性扁桃炎

症状が重い扁桃炎を唐突に伴う場合は、急性扁桃炎と呼ばれます。病院で医師に診察・処置をしてもらう必要があります。

また、急性扁桃炎を1年間に3度以上発症した場合は、慢性扁桃炎と呼ばれます。病院で扁桃摘出手術が必要になる可能性があります。