扁桃炎の3つの治療法

①扁桃炎治療に効く食材

扁桃炎の痛みが軽く、食事ができる場合は、食事によって喉の治癒力を高めて治癒を促すことができるかもしれません。

マヌカハニー

ニュージーランドの名産マヌカハニーは、高い抗菌作用を持っていることで有名です。

実際に風邪で喉を痛めたり、扁桃炎を発症した後にマヌカハニーを摂取することで症状の改善が見られた方がいます。

ニュージーランドで最も有名なメーカーが作っているマヌカハニーで、高い抗菌作用を持っているのがマヌカヘルスの「MGO400+」です。

手術が必要なほどの痛みではない方は、一度試してみるのもありかもしれません。


ショウガ料理

生姜に含まれる3つの成分ジンゲロール、ジンゲロン、ショウガオールに喉ケアに最適な効果があります。

それぞれ殺菌作用免疫向上体内部の温化作用をもっているのです。

ショウガ料理を考えるのが面倒だという人は、レシピ本通りに作るのがおススメです。

のど飴

のど飴を舐めることで、乾燥する季節でも口内の粘膜が保たれて細菌の侵入を防ぐ一助になります。
   

②扁桃炎治療に効く薬

扁桃炎を発症すると、痛みで食べ物・飲み物を摂取できなくなる場合があります。その場合は、市販の治療薬を飲むか、病院で医師による診察・治療が必要かもしれません。

市販薬

市販薬では、扁桃炎に効く第二・第三医薬品がいくつかあります。

一般的な総合風邪薬で喉の痛みが引かない場合、扁桃炎の可能性があるので、ドラックストアで相談の上、扁桃炎用の薬を服用してみることを検討してもいいかもしれません。

扁桃炎薬、漢方薬

    

病院処方薬

抗生剤

抗生剤は、口蓋扁桃を炎症させている細菌に対して効果を発揮します。

しかし、市販の薬では抗生物質を含む薬はありません。病院・薬局に行って処方してもらう必要があります。

筆者の経験上、抗生剤を服用するのとしないのでは、治癒までの期間に大きな差があると感じます。

市販薬では治らないほど重症だった場合は、すぐに病院に行くことをおススメします。

薬のイラスト「薬の紙袋」

抗菌薬の点滴

医師によっては、炎症の状態に応じて、内服薬よりも点滴を推奨することもあります。

ベッドで点滴をしている患者のイラスト

③扁桃摘出手術を受ける

一般に、扁桃炎を年に3回以上発症する場合、医師の判断の下、扁桃摘出手術を受けることができます。

筆者も扁桃炎に毎年悩まされ、遂に扁桃摘出手術を受けました。

手術にかかった費用、期間、痛み、副作用などについてはこちらの体験記をご覧ください。