NZ生活をぜんちゃんの生の声で、Podcastにて配信中です!

【台湾】中国語ができなくても大丈夫!台湾で注文する方法!~レストラン編~

台湾

台湾の美食を求めて、初めて台湾に行かれる方がまず不安に感じることは、「中国語ができないんだけど、どのように注文すればいいの?」ということでしょう。ここでは、中国語が喋れない方向けに注文の流れから、注文の仕方をご説明します。

スポンサーリンク

席に着く。

いきなりあたりまえじゃないか!と思うかもしれませんが、台湾ではホールのスタッフさんがとても少数のお店が多いですし、比較的単価が安めのお店ではホールスタッフを削減して案内係を置いていないので、先に自分で席につく場合が多いです。(もちろん案内してくれるお店もありますし、混雑している時間帯などは店員さんの指示を待ちましょう。)

注文票に記入する。

台湾の飲食店の多くが、注文票によるオーダー形式です。注文票はこのような紙です。
座席には番号がふられているので、座席の番号を確認し、注文票の「桌號」という欄に記入します。その後食べたい料理名の横にある空欄に欲しい数量を記入します。この時「数字」でも「正の字」どちらで記載しても問題ありません。

店員さんに注文票を渡す。

店員さんは大抵何かしら作業をして忙しそうですが、「sorry」とでも声をかけて注文票を渡しましょう。
お店によっては、店内の同じような席で店員さんがご飯を食べていたり、小籠包や水餃子の皮を巻くお仕事をされている方もいますが、できるかぎりホールのスタッフさんか、調理場付近にいる方を見つけて渡してあげるのがベターです。

まとめ

台湾は注文票があるため、漢字の意味さえ分かれば言葉を発せずとも注文ができるので非常に楽です。ただし、同じ漢字圏の国だと思って油断は禁物。漢字は繁体字という難しい漢字を使っている上、見たことない感じがたくさんあります。
ネットを確保して、ググってみるのが一番です!

コメント