NZ生活をぜんちゃんの生の声で、Podcastにて配信中です!

【台湾】バスの乗車方法。先払い?後払い?注意点とか

台湾

台北はMRTと呼ばれる地下鉄が非常に発達しており、今や空港から市内までの地下鉄も開通し、基本的に地下鉄での移動で全て問題ないと思いますが、駅から少し離れた場所に行く場合や、少しでも安く移動したい場合にはバスを使う必要ができます。
この記事では、台湾のバス乗車についてご説明します。

スポンサーリンク

どのタイミングで支払うの?

まず、一番最初に疑問がわくのはこれでしょう。正直日本でも、地域によってバスに乗る時に支払いタイミングって異なるじゃないですか。先払いでどこまで行っても一律料金だったり、距離に応じて後払いだったり。台湾でも同様で、乗車時払う場合と、降車時払う場合の二通りあります。でもとっても分かりやすいです。

まず台湾のバスの前方から乗車します。乗車時、ドライバーさんの上部を見てください。こんな表示があります。この表示は支払タイミングを示しています。
漢字の「上」にランプが点灯している時は、乗車時に支払い。
漢字の「下」にランプが点灯している時は、乗車時に支払い。となります。
点灯は定められた1区間を通過するごとに変わるようになっています。

長距離を移動するときなどは途中で2区間を通り点灯が「上」⇒「下」に変化し、乗車時・下車時両タイミングで支払う必要がある場合もありますのでご注意ください。

料金はいくらなの?

料金は1区間15元です。日本円で50円くらい。衝撃の安さ。
(ちなみに現地の学校に通うともらえる学生証は交通カードも兼ねており、それで支払いをすると割引が効いて12元になります。)

どうやって支払うの?

支払い方法は現金または悠遊カードです。乗車するとすぐに現金投入ボックスと悠遊カード(MRTと共通の交通系カード)の専用の読取機がありますのでわかると思います。
現金の場合、おつりが出ませんのでピッタリ支払えるように準備しておきましょう。
悠遊カードの場合、車内でチャージはできませんので、あらかじめMRTの券売機やコンビニでチャージしておきましょう。

注意点

台湾のバスの運転はとっても荒いです。客が乗車したらすぐ動き出しますし、降車時は降りる前からドア付近に行っておく必要があります。日本のように「安全のため、バスが止まってからお立ちください」という文化ではありません。
だからおじいちゃんでもおばあちゃんでも降車間近になると、ドア付近に向けてぐらんぐらん揺れているバスの中を元気に突き進みます。笑
また、英語でもバス停アナウンスはなかったはずなので、必ずネットを確保してGoogle Mapでバスがどこを運行しているかを確認しましょう。

コメント