NZ生活をぜんちゃんの生の声で、Podcastにて配信中です!

NZの自動車運転免許を取得。費用・日数は?手続きの順序は?何が必要なの?

NZ
スポンサーリンク

自動車の購入を決意

こんにちは、ぜんちゃんです。

先日、NZの自動車免許を取得しました!

僕はこれまで、日本から輪行で持ってきた自転車で生活してきました

クラストチャーチでの生活を送る分には、自転車とバスの併用でなんとかなります

ただ、楽しい週末を過ごすということを考えると車が必要だなと思ってきました。

なぜなら、NZは自然の宝庫。綺麗な丘や海がたくさんあるんですね。

先日もTaylors Mistakeという所に行ってきましたが、友人が車を出してくれたからこそ行けた場所でした。

【旅行レポ】Taylors Mistake(テイラーズ・ミステイク)に行ってきた。美しい海・清らかな丘を満喫できる!
Taylors Mistakeに初めて行ってみた。 台湾人の友人が帰国間近ということで、最後に小旅行をしようということになりました。 友人が車を出してくれたので、ありがたく車に乗せてもらいました。 僕は行先を全く知らずに乗車し...

ここだけに限らず、NZには、自然を満喫できるスポットや、アクティビティがたくさんあります。

僕は、野生のペンギンやイルカを見に行きたいし、夏にはマリンスポーツ、冬には釣りなどやりたいです。

すると、どうしても車が要ると結論に達しました。

これまで買い物は、大量に買ったものをリュックに頑張って詰め込み自転車で運搬していましたが、車を持てば劇的に楽になることは間違いなく、今から車を買うのが楽しみです。

今回は、NZの自動車免許を取得するメリットと、自動車免許取得までの流れをまとめたいと思います。

NZの自動車免許を取得する3つのメリット

身分証明書になる

NZでは、レストランでお酒を飲むとき、スーパーでお酒を買う時に年齢確認をされます。

もっとも、見た目次第なのですが、アジア人の場合、よっぽど風格のある人でない限りは年確対象になると思います。

その際、有効となる身分証は、パスポート18プラスカード(KIWI ACCESS CARD)です。

ただ、パスポートは、常に持ち歩くのは怖いですよね。また、20プラスカードは、郵便局で発行してもらうのですが、発行に$55の費用が掛かります。(この額はNZの運転免許取得費用にほぼ等しいです。)

10年間有効

身分証として機能するこのカードは、10年間有効です。

頻繁に更新する必要もないので、便利です。

NZの自動車免許取得までの流れ

それでは、自動車免許取得の流れをお伝えします。

日本の自動車免許を持っている方は、日本領事館で免許の英語翻訳紙を発行してもらい、次いでAA(New Zealand Automobile Association)で、NZの免許書発行の申請を行うという2ステップです。

①日本領事館で日本の自動車免許の翻訳紙を取得

必要物

申請に必要なのは、以下の2点のみです。免許証の英語翻訳だけなので、ビザの確認はありませんでした。

  • パスポート
  • 日本の運転免許証

費用

$27でした。

注意:国際免許証は必要ない

必要になるのは日本の免許証です。

僕は日本で国際免許も取得してNZに来ましたが、NZの免許を取得する際に日本の国際免許は必要ありません

従って、NZに到着して、すぐにNZの免許を取得する予定の方は、わざわざ日本で国際免許を取得してくる必要はありません。

注意:翻訳紙の発行まで日かかる

申請してすぐに発行してもらえるわけではなく、申請後3日後(申請日を含め)に発行してもらえるので受け取りに行きましょう。

②AAでNZの自動車免許を申請

領事館で翻訳紙を受け取ったら、街中にあるAA(New Zealand Automobile Association)に行きます。

ここで、以下の必要物を提出して申請します。

必要物

  • 申請書
  • パスポート
  • 日本の運転免許証
  • 免許証の英語翻訳紙

申請書の記入方法

申請書は、オンラインでもダウンロードできますし、AAにも置いてあります。

以下のサイトの下方に詳しい記入要領が記載されていたので、私はそれに従って記入しました。

運転免許証取得方法 | ニュージーランド留学センター

なお、最後のサイン欄は、パスポートと同じでなくても大丈夫です。

ただし、サイン欄を書き間違えた場合は、もう一度新しい紙に全ての情報を記入し直す必要があります。

僕がそうでした。

僕は最初英語でサインを書いたんです。

しかし、そのあとパスポートと同様のサインの方がいいのかなー?と思い出し、二重線で消して、漢字で名前を書きなおしました。

書類を提出すると、受付のお姉さんから、「ごめんねーここの欄だけは訂正不可なのよー」と指摘をいただきました。

加えて、「免許証にもこのサインが記載されるから英語の方が良いと思うわ」とアドバイスまでくれました。

みなさんも僕と同じミスがないようにお気を付けください。

費用

免許証の発行にかかった費用は、

$56でした。

(身分証として使える18プラスカードは発行に$55かかるので運転免許証の方が有用性がありますね。)

また、僕は、AAのstandardメンバーになったので、$79を加えた$135を支払いました。

なお、AAは、日本のJAFのようなサービスを提供している組織です。

AAメンバーになる特典は別記事にします。

注意:AAは3時頃からかなり混雑する

僕はAAに3:30頃到着し、手続きを始めたのですが、僕の後ろにはかなりの人が並んで手続き待ちをしていました。

受付の方が、PCに必要情報を入力したり、簡単な視力検査、写真をとってくれたりするので、一人当たり手続きに30分以上かかります。

お姉さんに「すごい忙しそうですね」と話しかけると、「3時頃からすごく混むのよ。だからなるべき午前中に来る方が良いと思うわ」と言ってました。

無事自宅に免許証が到着

NZの運転免許証の発行までかかった日数は4日

AAでNZの免許証を申請しても、その場で免許証を発行してもらえるわけではありません。

郵送で自宅に送られてきます。実際に届いたのは、申請から4日後でした。

木曜に申請して、翌週の月曜に免許証が自宅に届きました。

 

 

コメント