NZ生活をぜんちゃんの生の声で、Podcastにて配信中です!

【NZ】国別永住権申請通過数ランキング

NZ
スポンサーリンク

はじめに

前回の記事に引き続き、NZ移住関連を書きたいと思います。

年始の休みで台湾からNZに行ったとき、航空機の中の大半を占めていた人はインド人と中華系の方々でした。

みなさん旅行客ではなく、帰国する雰囲気だったので噂では聞いていたけどほんとうにたくさんのインド・中華系の方々が移住しているのだなと感心していました。

実際に街中に出ても、インド系・中華系の方々はとても多く驚きました。

そこで、今回は、国別に各年どれくらいの人が申請して通過しているのかをランキングにまとめました。

これは技能移民部門に限らず、投資家部門や、起業家部門、血縁家族分の申請なども含んだランキングです。

ソースは前回同様移民局のHP内にあがっているPDFです。

Excelデータ化してあるので。気になる方は記事末に挙げておくデータをダウンロードしてご自由にお使いください。(商用利用や転載はご遠慮ください。)

国別永住権申請通過ランキング

実績のカウントが通年でされている2017年のランキングです。(※2018年データはおそらく四半期分しかデータが入っていないため)また、通過数は申請ベースで、人数ベースではありません。

2017-2018年度通過数ランキング(TOP30)

順位 国名 通過数
1 India 4,305
2 China 3,466
3 Great Britain 2,428
4 Philippines 1,718
5 Samoa 1,557
6 South Africa 978
7 United States of America 813
8 Fiji 670
9 South Korea 455
10 Tonga 335
11 Germany 321
12 Malaysia 320
13 Ireland 298
14 Brazil 286
15 Canada 268
16 Sri Lanka 261
17 France 258
18 Vietnam 232
19 Japan 224
20 Thailand 213
21 Russia 181
22 Pakistan 180
23 Indonesia 134
24 Hong Kong 129
25 Italy 125
26 Myanmar 119
27 Cambodia 117
28 Afghanistan 113
29 Taiwan 112
30 Netherlands 106

2017-2018年度通過率ランキング(通過率100%のうちTOP30)

 

順位 国名 通過数 通過率
1 Belgium 35 100%
2 Hungary 32 100%
3 Slovakia 22 100%
4 Israel 21 100%
5 Croatia 19 100%
6 Norway 19 100%
7 Romania 18 100%
8 Estonia 13 100%
9 Uruguay 12 100%
10 Kazakhstan 12 100%
11 Bulgaria 10 100%
12 Laos 8 100%
13 Moldova 6 100%
14 South Sudan 5 100%
15 Australia 5 100%
16 Belarus 4 100%
17 Jamaica 4 100%
18 Namibia 4 100%
19 Vanuatu 3 100%
20 Maldives 3 100%
21 Burundi 3 100%
22 Trinidad and Tobago 3 100%
23 Bosnia & Herzegovina 3 100%
24 Solomon Islands 2 100%
25 Ghana 2 100%
26 Mongolia 2 100%
27 Bahrain 2 100%
28 Brunei Darussalam 2 100%
29 Libya 2 100%
30 Malawi 2 100%

技能移民部門での職業別永住権申請通過数データ

こちらがPDFをもとにしたExcelデータです。(商用利用や転載はご遠慮ください。)

2017年だけでなく、2008年から2018年の経年データです。

【国別永住権申請・通過データ】

まとめ

インド、中国が群を抜いて多いですね。合わせて7,700ほど。前回記事で紹介した技能移民部門での申請通過総数が約8,500ですから、その多さが分かります。

インド、中国に続くのは英語を母国語とするイギリス、アメリカ、フィリピンなどで、韓国もそれに続きました。

日本は19位で224、9位の韓国455の1/2ほどでした。人口は、日本が韓国の2倍以上ですから、韓国人がいかに活発に外に出ているかが分かりました。

次回は、永住権申請方法別のランキングを作成したいと思います。

コメント