NZ生活をぜんちゃんの生の声で、Podcastにて配信中です!

NZのワイン市場、市場規模は?NZワインの輸出先ランキング

NZ
スポンサーリンク

NZのワイン消費量

NZのワイン消費量推移

人口の少ないNZは(人口500万人以下)、他国と比較するとワインの消費総量はとても少ないです。

しかし、国内における消費量は年々上昇を続けてきています。

後述しますが、NZはワインの主要な生産国の一つです。

そのため、為替や関税の影響を受ける輸入ワインに頼る必要がなく、自国で生産されたワインを国内で消費することができるので、安定した消費が続いています。

NZのワイン生産量

NZは世界で16位のワイン生産国

NZは、ワインの主要な生産国の一つです。

個人的な話にはなりますが、私の前職の社長がワイン通であり、各国の友人と同価格帯で美味いと思うワインを持ち寄ったところ、NZ産のワインが最も好評だったそうです。

2017年 世界ワイン生産量ランキング
# 国名 生産量(million hectolitre)
1 イタリア 42.5
2 フランス 36.7
3 スペイン 32.1
4 アメリカ 23.3
5 オーストラリア 13.7
6 アルゼンチン 11.8
7 中国 10.8
8 南アフリカ 10.8
9 チリ 9.5
10 ドイツ 7.7
11 ポルトガル 6.6
12 ロシア 4.7
13 ルーマニア 4.3
14 ブラジル 3.4
15 ハンガリー 3.1
16 ニュージーランド 2.9
17 ギリシャ 2.6
18 オーストリア 2.4
19 セルビア 2.3
20 モルドバ 1.8
21 ウクライナ 1.2
22 ブルガリア 1.2
23 ジョージア 1.1

NZのワイン生産量推移

そのワイン生産量は、10年前に比べて約47%増加しています。

比例してワインヤードの数増加していることが分かります。

NZのワイン生産量
ワインヤード面積 (hectares) 生産量 (millions of litres)
2008 29,310 205.2
2009 31,964 205.2
2010 33,428 190
2011 34,500 235
2012 35,337 194
2013 35,182 248.4
2014 35,510 320.4
2015 35,463 234.7
2016 36,226 313.9
2017 36,943 285.1
2018 37,969 301.7

NZのワイン生産地

ニュージーのワイン生産地は、北島・南島に満遍なく分散しています。

中でも最も大規模な生産地は、Marlborough(マールボロー)であり、ついでAuckland(オークランド)です。

ちなみに、僕が行ったワイナリーは、Canterbury(カンタベリー)Waipara(ワイパラ)です。

クライストチャーチで無料のワインテイスティング! ペガサス・ベイ・ワイナリーに行ってきた!
Pegasus Bay wineryに行ってきた こんにちは、ぜんちゃんです。 先週、友人と共に、クライストチャーチのワイパラ(Waipara)にあるワイナリーに行ってきました。 訪問したワイナリーはPegasus Bay W...

(Deloitte NZ)

NZワインの輸出先

NZワインの輸出先の上位3ヵ国は、イギリス・アメリカ・オーストラリアです。

その他、カナダ・オランダ・中国に輸出されていますがその割合は高くはありません。

(Deloitte NZ)

コメント