NZ生活をぜんちゃんの生の声で、Podcastにて配信中です!

日本人が特に若く見られる3つの理由

NZ
スポンサーリンク

若く見られるぜんちゃん

こんにちは、ぜんちゃんです。

NZに来てから約1ヵ月が経過しました。

出会う人々ほぼほぼ全員が「初めまして」から会話が始まるワケで、自己紹介を何度したか分かりません。

自己紹介をしあっていると、人によって「今何歳なの?」という質問が飛んでくる場合もあります。

僕は「28歳だよ」と答えるんですが、相手は「えええええええ!!22~23歳だと思ってた!!」という反応を示します。

極めつけは、僕を18~19歳だと言ってくる人もいて、「君の視力大丈夫?」と返しています。

欧米人からこのような反応をされるなら、僕も理解できるんです。人種が違うし、見慣れていませんからね。

現に僕も周りを歩いている欧米系のKIWIの年齢は全く読めません。特に男でワイルドなヒゲが生えていたらもう判別不能です。少なくとも未成年には見えませんね。

本題ですが、僕に22歳、23歳と言ってきた人は、驚くなかれ、中国人・韓国人です。

同じアジア人なのに、一際若く見られてしまっています。

正直、複雑です。周囲の学生はだいたい20代前半なので、彼らと同化できて仲良くなれるのはとても嬉しいのですが、年相応の貫禄というか、落ち着きみたいのが感じ取ってもらえないというのはショックなワケです。

なんでなんだろうと考えていると、これは僕だけでなく、他の日本人にも言えることなのかもしれないと感じてきました。

自分なりに考えてみた「日本人が若く見られる」3つの理由

①男性:髪型

日本人男性の場合は、とてもシンプルですが、髪型が起因しているのではないかと思います。

もちろん、全ての日本人男性に共通している事項ではないですが、髪が他の国の男性よりも長い。

僕は、日本では短髪に分類される方だと思いますが、クラスにいる男性の中で一番髪が長いです。前髪で眉毛がかくれるくらい。見方によっては、少年っぽく見えるんでしょうね。

韓国人男性は、髪を明るい色に染めていたり、パーマをかけていたりと、日本人の髪型に近い人もいますが、中国人でそういう人は見かけません。

黒髪で、襟足やサイドを刈上げた短髪の人が多い傾向。

②女性:キレイより、可愛い

日本人女性の場合は、服装・髪型・仕草など様々な要素が「可愛い」の重点を置いて構成されているように感じます。これが、若く見られる要因になっているのでは。

僕のフラットメイトの中国人の女の子は頻繁に「日本人女性はなんであんなに可愛いの~?笑った時の笑顔がめっちゃ可愛いし、すごく優しくて振る舞いもとっても可愛い!!!」って言ってきます。

また、「日本人女性は、学校に来るのに皆化粧をしているのはなんでなの?」とも聞いてきます。

どれだけ朝早くても、可愛い自分でいられる方が1日楽しく過ごせるんだと思うよ」と言ってあげています。

「ふ~ん、私にはできないや!」といって彼女は毎日ジャージで投稿しています。

日本人男性が海外でヒゲを伸ばすのはなぜか?

よくワーホリや海外留学に行くと、立派にヒゲを伸ばして帰ってくる人がいます。

向こうでは働く際に日本のような「ヒゲを剃れ」という命令が下らないからなのかなあと思っていました。

しかし、実は「大人っぽく見られたい・扱われたい」という思いがあるからなのかもしれません。

僕は言うてもまだ20代なので、若作りなど考えたこともありませんでしたが、もしかするとNZでは若作りではなく、老け作りに励むことになるのかもしれません。

コメント