NZ生活をぜんちゃんの生の声で、Podcastにて配信中です!

【体験談】海外で手続きを早く進めたいなら、どんどん主張して騒ごう。

スポンサーリンク

NZの学校への入学手続き

NZの学校への入学手続きでひと悶着ありました。

簡単に言うと、向こうの事務処理があまりにも遅いので、僕がしつこいぐらいに連絡して、ギャーギャー騒いだら解決したっていう体験談です。

着金確認があまりにも遅い事件

NZへ留学するためのビザ申請には、残高証明、入学許可書、学費の支払証明書などいくつかの書類が必要です。

僕は、必要書類の準備をするのに、かなり余裕をもって動き始めていましたが、これが正解でした。

日本で取得する必要書類に関しては、見事に速攻で集まりました。

日本の”お客様は神様”という精神で納期通り納めてくれました。 (オンラインでの書類請求ができないところはとっても問題だけど)

一方、NZの学校は本当にスローです。

とくに、学費支払証明書の発行にとても時間を要しました。

Transferwiseを経由してスムーズに着金しているはずの学費の確認ができないと言い張るのです。

以下にメールでの一連のやりとりを載せてみます。

5/17(金)

 

ハロー、エミリー。本日学費支払いが完了したのでお知らせします。

遅くとも5/20(月)には確認ができると思うので、よろしくお願いします。

 

5/20(月)

エミリー

ハロー、ぜんちゃん、連絡ありがとう。着金確認が取れ次第支払証明書を発行するわ。

こう言うってことはまだ確認してないんだろうなあ。まだ入金して1日しか経ってないし、明日来るんだろうな。

5/21(火)

しかし翌日の日中、全く連絡が来なかったので、催促メールをすることに、

 

ハロー、エミリー。

私が使用した送金業者の証明書では、先週金曜中に着金していると表示があります。

口座を確認していただけますか?

支払証明書があればビザ申請が完了するのでよろしくお願い致します。

 

5/22(水)

 

エミリー
エミリー

ぜんちゃんへ。

支払証明書は、着金確認ができ次第送る。まだできていないわ。

 

そんなはずはないんだけどなあ、、、でももしかしたら、着金確認ができるのはエミリーではなく、経理部なのかもしれない。

僕は1回あたりの支払上限額の関係で支払いを2回に分けたし、名義人がTransferwiseになってしまっているのかもしれないな。教えておかなきゃな。ということで、

 

ハロー、エミリー

ちなみにだけど、支払いに関して2点伝えておくね。

  • 一点目、支払は2回に分けています。○○○NZD分を△△△NZDと×××NZDにね。
  • 二点目、”Transferwise”っていう送金業者を使っているから、もしかしたら送金主が僕の名前ではなく、彼らの名前になっているかもしれません。

分かりにくい支払でごめんね。

 

5/23(木)

エミリー
エミリー

ぜんちゃんへ、支払証明書は、着金確認ができ次第送る。

まさかの、、、”前に来たメールのコピペ”です。

コミュニケーション取るのが面倒なんだなと感じたのと同時に、確認する気ないなと思いました。僕がしつこすぎて、うざいと感じているのも分かってのでこのメールに対する回答は↓

エミリー、ありがとうございます!

というシンプルな返答に留めました。

僕は、向こうの着金確認のプロセスが分かっていませんからね。

経理部との連携や銀行との連携が必要で、かなり時間を要するのが実態なのかもしれません。

相手の状況を指し図ることができていない(のかもしれない)自分を省みて、数日後に連絡がもらえることを期待して待ってみることにしました。

1日経って・・

2日経って・・

3日経って・・

4日経って・・

5日経って・・

音沙汰ゼロ。

この間、僕はTransferwiseに問い合わせ、本当に即日で着金しているのかと問いました。

また、100万円を超える大金が、行方不明状態にあり、どうにか確認する方法はないか、と。

すると、Transferwiseの回答は、到着しているはずです、詳細に関しては学校から銀行に対し我々が発行している送金証明を見せればわかるはずです。とのこと。

僕は、この回答を持って、エミリーを問い詰めることにしました。

担当者がめんどくさいという理由で動いていないだけだとしたら、大ごとにするぞ騒ぎ立てれば対応が変わるのではないかと思ったのです。

中華圏で鍛えた主張第一主義がここでも生きる時がまた到来しました。(笑)

5/28(火)

 

ハロー、エミリー

僕はTransferwiseに対して、支払が完了していることを問い合わせて確認しました。そちらでは、まだ確認がとれないですか?

もしそうなのであれば、異常な状況なので、経理部の担当者の連絡先を教えてください。

経理部BNZ(Bank of Newzealand)、Transferwise3者を巻き込んで確認する必要があります。

ビザの申請期限も迫ってきているので、早急にこの件の確認は終了させたいので彼らと連絡を取らせてください。

 

 

エミリー
エミリー

ぜんちゃんへ

連絡ありがとう。支払いが届いていないことに関してアドバイスできてなくてごめんなさい。

銀行への再確認と彼らからアドバイスをもらってみて。

 

なんか逃げてる感じがするし、もうこの担当者では話にならんと確信。

 

エミリーへ

僕は既にTransferwiseから送金証明をもらっているし、再確認も済ませています。

彼らのアドバイスが、「学校側からBNZに確認してもらえば分かるはず」ということだったので、あなたに向けて先ほどの連絡をしました。

とにかく経理部の連絡先を教えてくれませんか?

もうそれ以外に確認する方法ないので。

 

僕は同時に、学校への連絡当初にやり取りのあった営業担当キャシーにも連絡を入れておきました

5/29(水)

 

ハロー、キャシー

学費の支払いに関して、既にこちらには送金証明書があるんですが、エミリーから「着金確認ができてない」とずっと言われています。

(エミリーと話していては)確認のしようがないので、BNZへ直接確認をしてもらうことは可能ですか?

もしくは学校の財務管理担当者の連絡先を教えてもらえますか?

ビザ申請期限も近いので、よろしくお願いします。

 

さて、どんな対応が続くのか。(ちょっとワクワク、ちょっとイライラ←)

5/30(水)

 

エミリー
エミリー

ぜんちゃんへ

添付の学費支払証明書ご確認ください。

添付:支払い証明書.pdf

 

 

え!!、これだけ?!と思ってしまった。

Hassyさんのブログで謝らないNZの人々って記事があったけど、これをメールで体験した感じです。

そう簡単には謝らないニュージーランド人|NZ MoyaSystem
スポンサーリンク Contents近所のスーパーにて会員カードが届かなくても賞味期限が切れてても日本人は謝りす

実際いつ入金されていたのかは学校側のみぞ知る真実で、僕の知りようがないブラックボックスの中です。

でも、さすがにいつ入金されていたかという一文が欲しかった。

「ごめんね、今日ようやく確認できたわ」「ごめんね、実は2週間前に入ってたわ」を期待していた僕は、きっとまだまだ日本の常識に捉われているのでしょう(笑)

まとめ

いずれにしても何とか決着しました。

これらのやりとりで約2週間もかかりました。

とにかくしつこく問い続ける、それでもダメなら、騒ぎ立てる。主張する。

仮にこっちがお客さんでも、待っていてはダメです。

自分で主導し、指示出して動かすくらいじゃないとやってくれませんでした。笑

こんなこともありますから、これからVISA申請する人は、書類準備を始める時期に要注意です。

これはきっとNZだけじゃなく、海外全般そうだと思います。

日本人的には十分早めに準備を進めてると思っても、海外とのやりとりでは、何が起こるか分かりません。

十二分に早く動き始めることをお勧めします。

コメント