NZ生活をぜんちゃんの生の声で、Podcastにて配信中です!

扁桃腺が腫れたので、クライストチャーチで病院にかかってきました

こんにちは、アレコレ発信局のぜんちゃんです。

先日の金曜日、扁桃腺が痛み始めたのでNZの病院に行ってきました。

僕は、日本で扁桃腺を手術で取り除いていたので、何も食べれない・飲めないというような強い痛みではなかったです。

ただ、扁桃腺の腫れは風邪と違って、市販の薬を飲んでも良くはならず1週間くらい地味な痛みが続くのです。

だったら早く病院に行って抗生剤をもらってこようということで学校を休んで病院へ。

スポンサーリンク

クライストチャーチ病院(総合病院)を訪問

扁桃炎は、日本だと内科に行ってもほぼ意味がなく、耳鼻咽喉科に行ってみてもらう必要があります。

僕は、ニュージーランドで初めて病院に行くのに、どこに耳鼻咽喉科があるのかも分からず、とりあえず総合病院に行くことにしました。

訪問したのはクライストチャーチ病院です。

入り口を入ると、まず受付窓口みたいなところがあったので、「扁桃腺が腫れていたいので診て欲しいんですが。。」と受付の女性に尋ねました。

すると「のどを見せてください」とのこと。

受付は看護師さんだった

どうやらニュージーランドの総合病院では、まず最初に受付にいる看護師さんに自分の状況を把握してもらうようです。

看護師さんは「そんなにひどくないですね、ここで診てもらう必要はないんじゃないですか」とアドバイスをくれました。

そうなんです、自分でも把握している通り、重症ではないのです。

どうやら、ニュージーランドの総合病院での診察は、相当な重症もしくは緊急の方が行くところみたいですね。

総合病院とクリニックの医療費の差

また、看護師さんは総合病院とクリニックでは医療費が全然違うと説明してくれました。

「ここ(総合病院)で見ると、だいたい$490かかるけど、クリニックに行けば$90くらいだと思うわ」と。

え、そんなに違うの?と思い、色々聞くとNZでは総合病院とクリニックで金額に大きな差があり、また病院によっては休日診察だと1~2割高くなることもあるようです。

日本も、病院ごとや曜日ごとに診察費用に差を付ければ、本当に重症な人が優先して診察・治療を受けられるようになるだろうな~と感心。

そんな話を聞いたらもちろん総合病院での治療は違うなと思い(いや、医療費の高さにビビって変えざるを得ない)クリニックに行くことにしました。

ありがたいことに、看護師さんは近くのクリニックを紹介してくれました。

Moorhouse Medical Centreを訪問

看護師さんが紹介してくれたのは、Moorhouse Medical Centreというクリニックです。

この病院も耳鼻咽喉科など特定の科に分かれているわけではなく、一般に幅広い症状を見てくれる「General Practice」を提供する医療クリニックです。

午前8時から午後8時まで年中無休でやっているそうなので、何かあったらとりあえず行く病院として最適そうです。

受付を済ませて、まずは支払い

まず、入り口に入り窓口で自分の症状を伝えます。

すると早速支払いです。NZではドクターによる診察料金と、何か手当をしてもらった場合の治療費は別払いのようで、診察料金を先払いするのですね。

先払い料金は$120でした。(日本円で8500円くらいです。まあまあするなあ。笑)

そして「もしドクターが診察中に何かの治療もしくは診断に必要な検査を施した場合別料金になるわ」とのこと。

事前診察

受付を済ませ5分ほどすると、看護師さんに呼ばれました。

診察か?と思いきや、自分の症状と過去の病気歴、血圧などを測る事前診察でした。

これが終わってから約1時間30ほど待って、ようやくドクターに呼ばれました。

診察

ドクターとの診察では自分の今の症状を聞かれたのと、のどの粘液を採取されました。

検査して結果は自宅に送るとのこと。

ドクターは20代の女性のようで、ずっとニコニコ笑顔で対応してくれました。

途中聞き取れない英語が山のように出てきたのですが、聞きなおせば丁寧に教えてくれるし何の不安もなく終了しました。

結果粘液を採取したので追加費用$42.5を請求されました。

隣接する薬局で薬の処方

抗生剤の処方箋をドクターに出してもらい、隣接する薬局で購入して終了しました。

抗生剤代金は$15でした。

医療費の合計

結果、診察、治療(検査)、薬代は以下のようになりました。

項目 料金
診察 $120
治療(検査) $42.5
$15
$177.5

医療費は合計で日本円で13,000円くらいかかりました。

なお、永住者や労働ビザを持っている人は日本でいう国民健康が使えるので医療費は割安になりますが、僕は学生なので、何の補助も受けられません。

つまり全額負担の金額を払いました。

日本だと3割負担で合計4,000円くらいでしょう。

NZの医療費は保険を加味しなければ同じくらいかな?という感じです。

ただ、平日でこの料金だったので、休日に行った場合はもう少し高くなるのでしょう。

【総まとめ】ニュージーランドの健康保険(医療保険)システム。医療費無料って本当?留学・ワーホリは対象?
こんにちは、アレコレ発信局のぜんちゃんです。 先日、ニュージーランドで初めて病院にかかったのですが、せっかくなのでニュージーランドの医療制度に関してまとめたいと思います。 この記事を見るのは、留学、ワーホリ、旅行で来られる方にと...

個人で加入している留学生保険で医療費請求をしてみる。

僕は、NZの国民健康保険は受けられませんが、留学生保険で医療費請求をして、全額返金されました。

【全額返金】NZ留学・ワーホリで病院に行ったら保険会社に医療費請求しよう!
ニュージーランドで保険請求 先日、扁桃腺が腫れたことにより、ニュージーランドで病院を受診した件について書きました。 その後、病院受診料、薬代でかかった合計7.50(約13,000円)を保険請求し、無事全額返ってきました...

コメント